自賠責保険の保険適用範囲

自賠責保険は自動車を運転する人が絶対に加入しないといけない強制保険として知られています。

そして、任意の自動車保険と比較した場合に保険料は極端に安いという特徴があります。

ただし、受けることができる保障は任意の自動車保険に比べるとかなり少なくなっています。

したがって、自賠責保険に加入していることによって受けることができる補償で足りない部分については他の保険を利用してカバーする必要がでてきます。

基本的な考えとして、自賠責保険は車を運転している人のために用意されている自動車保険ではなく、事故を起こした場合に被害者にあたる人やその家族に対して最低限の保障を受けることができるように用意されている保険であることから、加害者本人が保障される保険のわけではありません。

ただし、一般的に交通事故の大半は10対0の割合で過失があると判定されることは非常に少なく、被害者の立場側も何らかの過失がある場合がほとんどです。

したがって、そこで過失が認められるような場合は相手の自動車保険によって自分も補償を受けることができます。

また、自賠責保険は車検時に自動更新となることがほとんどなので意識しなくても自動更新されている場合がほとんどです。

しかし、小型の二輪車などになってくると車検を受ける必要がないので別途更新と同時に支払いが必要になります。

そのため、二輪車を所有していても車検が無い人は自賠責保険の支払いを忘れてしまうことも多くなっているようですので、支払い忘れがないように自分でしっかりと管理することが大切です。

基本的に自賠責保険に入ってない乗り物が公道を走るのは違法行為ですのでくれぐれもそのようなことがないように注意していただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加