自賠責保険に加入してない場合

自動車事故の中には被害者が死に至るような重大な事故もあります。

昔に比べれば車にいろいろな安全装置が標準的に装備されるようになってきたため減少傾向にあります。

しかし、最近でも大きな事故というのは頻発して起こって重大事います。

事故を引き起こしやすい傾向というのはある程度データとしてあるものの、各年代で起こっていることからも誰でも重大事故を起こすリスクは抱えていることは明らかでしょう。

一旦、事故を起こしてしまうと被害者側の救済に回らないといけませんが、そこで無事に命は取り留めたとしても、それからは病院で治療をする日々になるので、相手の怪我がきちんと治るまで見届けて必要に応じて賠償をしなければなりません。

賠償の程度については交通事故の大きさによって変わるので一概には言えませんが、死亡事故になると数千万円から数億円にまで賠償金が跳ね上がるのが普通になっており、もし事故を起こしてしまったら、金銭的な負担はかなり増大することになります。

多少の賠償金であれば貯金や自賠責保険でなんとか対応することができますが、大きな事故になると自動車保険へ加入してないと賠償が厳しくなり家族にまで影響を与えてしまう可能性があるので注意する必要があります。

また、自賠責保険は強制保険で必ず入っていないと本来はいけない保険ですが、車検時が更新時になることが多いので悪質な車屋から購入した場合は自賠責保険の支払いができてない可能性もあります。

自賠責保険で対応可能な保障範囲は最大で3000万円となっており、交通事故の賠償から言うと決して十分とは言えません。

任意保険に加入しているから加入の必要はないと考える人もいるでしょうが、それでも加入してないと罪に問われるので更新等を注意する必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加