ロードサービスの特約付帯を選ぶ

最近の自動車保険はさまざまな特約サービスが用意されているので、利用することによってかなりお得にサービスを受けることができる場合があります。

その中でも標準付帯になっていることが多いロードサービスの付帯サービスは特におすすめですし、利用しない手はないでしょう。

ロードサービスというのは運転をしている時に車が故障をしてしまって立ち往生した時に受けることができるサービスです。

おもにパンクやバッテリー上がりなどを始めオーバーヒートなど不測に事態に対して対応しているサービスで、JAFなどの通常のロードサービス保険に加入すると数千円の費用が必要になることを考えると自動車保険に無料付帯されているのはかなりお得です。

ただし、それぞれの自動車保険会社によってロードサービスの内容は異なっているので注意しなければなりません。

また、高度な技術が必要になるロードサービスについては有料になる場合も多く、実際にこのような場合には高額な費用が必要になる可能性もあります。

ちなみにロードサービスのサービスを行うのは地域密着型の自動車修理工場である場合がほとんどです。

これはこれらの地域密着型の自動車修理工場とあらかじめ自動車保険会社とネットワークを組んでいて、事故をした場所から近い工場に対して自動車保険会社から依頼が入り修理に向かうというものです。

そのため、事故を起こしたところに対応する修理工場が無い場合は時間がかかってしまう可能性があります。

また、ロードサービスの質についても対応する修理工場や対応する人によって変わってきます。

自動車保険への加入を検討している場合はロードサービスなど、お得な付帯サービスの加入も検討してからプランや保険会社を選んで行くとよいでしょう。

また、中古車の購入を予定している方は出先での故障も新車に比べると可能性が高いので、この様なロードサービスこそ真剣に比べて検討するといいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加