自動車保険とは?

自動車を運転するなら必ず必要になる自動車保険ですが、これから運転免許の取得を目指す人の中にはいまいちピンとこない人もいるのではないでしょうか?

また、長年保険には入っているが、実際には車を買ったときに言われるがままに加入して、どんな内容なのかわかっていない方も多いと思いますので、今一度学んでみるのもいいと思います。

それによって不必要な補償はカットして保険料の削減も可能です。

まず、自動車保険とはひと言で言うと運転する際に起こりうるリスクへの備えで、法律上、必ず加入しなければならないものとそうでないものがあります。

たとえば運転中に事故を起こしてしまった場合、壊してしまったものの弁償はしなければなりませんが、もし怪我をさせてしまったりした場合も、もちろん被害者がいればその人に対しての補償もしなければなりません。

しかし、いきなり多額の賠償金を支払う必要が生じても、すべてを自分で支払うのが難しいケースがほとんどだと思いますから、そんなときのために自動車保険へ加入するのです。

自動車保険には強制保険と任意保険の2種類あって、基本的には2つとも加入するのがいいでしょう。

そして、現在ほとんどの方が強制保険と任意保険の両方加入しています。

まず、強制保険は加入が義務付けられており一般的に自賠責保険と呼ばれますが、補償は最低限の補償内容ですからリスクマネージメントとしては十分とは言えません。

ですから多くの人が万全の備えをするために任意保険へ加入し、安心して運転できる環境を整えているのです。

このように自動車保険は万が一のときのための備えであり、運転するなら加入するのが当たり前と言えるものなのです。

また任意保険は自賠責保険と違って種類が非常に豊富ですから、加入前にしっかり情報収集をして自分に最適なものを選ぶことが大切になります。

これから運転免許を取得する人は自動車保険についても同時にしっかりと学んでおくといいでしょう。

しっかりとした知識を付けた上で無駄なものを省いて、自分に最適な自動車保険に加入できるようになってもらえれば幸いです。

自動車保険の加入条件
自動車保険の加入方法
自動車保険の補償内容
自動車保険に加入しなかったら

自動車保険は対人保障が基本
厚い保障が推奨される対物補償
車両保険に関して
自損事故による補償
同乗者に対しての自動車保険
バイクの保険について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加