任意保険とは

一般的に自動車保険と言われているものを任意保険といいます。

これは自賠責保険と違って強制加入ではなく、自分で保険会社を探し、プランを選んで加入する保険のため任意保険と言うのです。

今自動車を運転している人の8割以上と多くの人が任意保険に加入していますが、これは自賠責保険の補償が十分ではなく何か起こった時の補償が心配だからです。

任意保険には大きく分けて「対人補償」「障害補償」「対物補償」と3つの補償があります。

希望する補償それぞれに保険をかけることができますから、万が一のことをあっても自己負担をかなり少なく抑えることができるのです。

実際に自動車事故が起こったとき、対人のみが補償対象になるケースはほとんどありません。

なぜなら自動車同士がぶつかったりすれば相手方はもちろん、自分の自動車にも何らかの被害を被ることになるからです。

そういった場合でも任意保険に加入していれば補償の限度額内で補償ができるので安心ですし、その安心が安全運転に繋がります。

ドライバーに大切なことのひとつに心のゆとりがあげられますが、これは保険に加入することで生まれる部分も非常に多いと言われています。

事故を起こしてしまったらどうしようと思いながら運転するのと、そうでないのとでは精神状態がまったく違うと思いますので、現在では任意保険はもはや必ず加入しなければならない保険と言っていいかもしれません。

これから自動車を購入する人は自動車選びと同時に任意保険の加入についての情報収集もしっかりやっておいてほしいですし、それが結果的に事故を少なくし快適な運転環境を整えることにも繋がるのです。

ネット型の自動車保険会社がたくさんのサービスを提供している現在、補償内容や保険料をしっかりと比較することによって自分の希望する補償を一番安い保険料で受けることが可能です。

無料で自動車保険の補償や保険料を一括で比較できるサービスを利用して最適な補償を持って安心して運転しましょう。

➡最大22社!自動車保険一括見積もり【無料】はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加