自賠責保険と任意保険の補償の違い

自動車保険に関する話題があがるときに必ず出てくるのが自賠責保険と任意保険の違いについてですが、これは比較してみるとかなり差があることが分かります。

まず自賠責保険の補償内容から見てみると、こちらは相手方への補償のみとなっており物損事故や自分自身への補償は対象になりません。

また相手方への補償内容も傷害の場合で最大120万円まで、死亡でも3000万円までですから自賠責保険のみで相手側の補償を賄うのは難しいケースがほとんどだと言えるでしょう。

一方で任意保険の場合、相手側への補償はもちろん、物損や自分自身に対する保険もかけることができますから、あらゆるケースに対応が可能です。

補償額もプランによって変えることが可能なので、自分の運転環境や運転頻度に応じて自由に選ぶことができます。

さらに同乗者に怪我を負わせてしまった場合などの保険もあるので、自分が運転している自動車に人が乗っていたときにはその人の対しての補償もカバーすることができます。

また保険会社によってはあらゆる特約がついたり、サービスがプラスされることもあるので任意保険においては保険会社選びはかなり重要だと言えます。

このように自賠責保険と任意保険では保険の質という面で見ても大きな差があり、十分な運転環境を整えるためには任意保険の果たす役割は大きいことはいうまでもありません。

任意保険は周囲を守るだけでなく、自分自身を助けてくれる大切なものなのでしっかりと情報収集して比較検討してから決めるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加