代理店とは

通販型の自動車保険を利用する人が増えている一方で、代理店経由での加入もまだまだ需要があります。

基本的に現在自動車保険に加入する方法はこの2種類がスタンダードになっており、どちらかを選択するケースがほとんどでしょう。

代理店を利用して加入する最大のメリットは様々な手続きを代行してもらえるところで、自動車保険に関する知識があまりない人でも気軽に申し込みができます。

たとえば初めて自動車を購入する人の中には自動車保険に詳しくない人も多いですし、自分だけで情報収集して加入するのは不安だという人もいます。

そんなときに代理店を利用すれば自動車保険に関するアドバイスを受けられますし、どういう選び方がいいのか勉強することもできるでしょう。

自動車保険のプランは非常に数が多く、ひとつの保険会社だけでも複数のプランを持っていますから初めての人だとその違いもよくわからないと思います。

手探りで加入して自分に合わないプランを使い続けるより、きちんと専門家に判断してもらったほうが確実ですし安心できるという人もいますから、加入に際して不安な点がある人はまず代理店経由で申し込むことをおすすめします。

また、実際に事故をおこしてしまった場合などは代理店の担当者がすべてやってくれるのでその点でも安心感は通販型よりもあるのは間違いないでしょう。

ただし代理店を利用すると手数料が取られる分、通販型よりも保険料は高くなりますので、とにかく保険料を安く抑えたいという人にはあまり向いていないかもしれません。

この辺の判断は少し難しいですが、重要なのは無理をせず自分に合ったプランを見つけるにはどちらがベストか冷静に見極めることではないでしょうか?

少しずるいですが、代理店で保障プランを相談してその補償内容をもとに自動車保険一括見積サービスで比較して一番安い保険料のものに加入するという方法もあります。

保険のことは何もわからないしいろいろと自分で調べるのは面倒だが、どうしても保険料を安くしたい方はご利用してみて下さい。

➡最大22社!自動車保険一括見積もり【無料】はこちら


「保険スクエアbang!」自動車保険一括見積もり【無料】