車両保険の重要度

自動車保険のプラン選択をするときに悩みどころになることが多いのが車両保険です。

車に乗る頻度も少なく必要ないので入らないというケースもたまにあります。

しかし車両保険は非常に重要度の高い保険で、使う場面は限られるものの、いざというときに便利なので新車を購入した際など車両の金額が大きい時には加入しておくことをおすすめします。

まず車両保険とはどういうものかというと、自分の車に何かしら被害があったときに補償が受けられるものです。

一般的に事故にあって車が被害を受けた場合、相手側から補償がありますから必要ないのでは?と思うかもしれませんが、補償額を決める際には過失責任がどの程度の割合であるのか確認されますので、もし自分に何割か責任があると判断されるとその分の補償額は補償されません。

また自分の過失でガードレールに追突したり災害によって車に被害があったときなど、対車ではない事故の際に車両保険に加入していないとすべて自己負担となってしまいます。

ですから、万が一の事態に備えて車両保険には入っておいて損はありません。

特に新車の場合は金額が大きくローンなどの場合は残債だけが残ることとなるのでできるだけ車両保険に加入していた方がいいでしょう。

他にも車にらくがきをされたり、盗難にあったときにも有効なのでいろいろな場面で役立ちます。

修理費は程度にもよりますが、場合によっては車を買うより高くなることもめずらしくありませんし、そうなると事故にあっているのに支払う額が大きくなり損をしてしまいます。

さらに事故を起こされたときに相手が無保険であれば補償も難しくなりますから、あらゆるパターンを想定しても加入しておいて損はない保険と言えるでしょう。

自分の車が事故にあった時想定される金額をもとに自分で補償するのが厳しいと判断できればできる限り加入するのがいいでしょう。

逆に非常に安い中古車などの場合は加入の必要はない可能性が高いでしょう。

あくまで想定されるリスクを計った上で加入するのかしないのかを判断してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加