等級の仕組みを知る

自動車保険に加入する場合は等級制度をきちんと理解しておかないと損をしてしまう可能性があります。

まずは等級がどのように決まっていくかということをしっかりと知識として取り入れて、保険を選んでいくようにするといいでしょう。

自動車保険の等級制度はどの保険会社でも用意されている要素の一つですが、交通事故を起こしてない人ほど等級は上がり、反対に事故をしてしまうと等級が下がる仕組みになっています。

そして、等級が一定以上下がってくると新たに自動車保険へ加入することができなくなる仕組みとなっています。

いわば、車の事故を起こすかどうかの信頼度を示すのが等級と言えますが、車の運転頻度が多い人ほど事故の確率が高まり、反対に車の運転が少ない人ほど事故の確率が少なくなるなどの要素は反映されていないので運転頻度が高い人は日々の運転に注意する必要があるでしょう。

少しでも自動車保険にかかる費用を抑えたいのであれば、日々安全運転で運転に注意して、頑張って交通事故に気をつけて等級を上げる方法が一番の近道です。

また、事故をおこしても保険を使用しなければ等級が下がることはないので、軽微な事故の場合は加入している保険を使わないで、自分の貯金を崩してお金を用意することも少なくありません。

等級は事故の程度などによって段階的に下がってしまいますので、これらをしっかりと把握して実際に事故をおこしてしまった場合に保険を使う方がいいのか、使わない方がいいのかを決めるといいでしょう。

また、等級は引き継がれる要素であるため、同じ保険会社で自動車保険に加入をずっとしていて等級が上がっている状態から他の保険会社に移行することになっても引き継がれた等級のままで保険料の計算がなされます。

基本的に等級が上がることによって自動車保険料は下がりますが、他にも年齢や支払い方法などさまざまな要素で保険料は異なりますので様々な割引要素を考慮して保険プランを組み立て行くといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加