車種や車のタイプで変わる保険料

日本の公道を走っている自動車にはさまざまなタイプの車がありますが、車種やメーカーもさまざまで日本車に限らず輸入車や逆輸入車の姿を見かけることも多く、車が好きな人にとっては自分の好みの車に乗って楽しむことができる環境にメリットを感じているかもしれません。

自動車保険を見て見ると車種や年式によって保険料が異なっていることも少なくありません。

これは車種や年式によって事故を統計的に起こしやすい車やそうでない車に分かれているためで、同レベルの車であってもメーカーが違う場合や車の形が少し違うことによって事故率に関連性が出てきます。

当然ながら事故率の高い車に対しては自動車保険料も高く請求することになります。

また、反対に事故率の低い車に対しては自動車保険をそこまで高く設定することはなく、年齢や等級だけでなく、どんな車に乗っているかによっても自動車保険料は変わります。

保険料が高くなりやすい車のタイプとしてはスポーツカーやセダンタイプですが、これらの車は加速しやすくスピードが出やすいため、交通事故を起こした時に悲惨なことになりやすく、事故になった場合に保険会社が支払う保障額が大きくなるのも特徴となっています。

一方で軽自動車やワンボックスカーなどになるとスピード重視というよりも機能性を重視して乗る人が多いので、相対的に大きな事故が起こりにくくなっていて、セダンやスポーツカータイプと比較した場合に安価な金額で自動車保険に加入しやすくなっています。

この様にリスクに応じて保険料は算出されていて、車種やタイプで保険料が違いますので、これから車を購入することを検討している方は自動車保険の保険料を事前に調べた上で購入するのもいいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加