自動車保険の補償内容

現在では自動車保険は強制保険と任意保険の2種類加入するのが一般的ですが、これは補償内容の違いを見てみるとよくわかります。

まず自賠責保険の補償内容は対人賠償のみで、その他の補償はできません。

たとえば事故を起こしたときに自動車を壊してしまった場合、その弁償は全額自己負担しなければなりません。

またその内容は怪我を負わせたときだと120万円まで死亡させてしまったり後遺症が残ってしまっても最大3000万円~4000万円までの補償になりますから、それ以上の補償を必要とする場合は自己負担になります。

さらにこちら側の補償は一切ないので、もし事故によって自分に被害が遭ったときには全額自己負担になります。

これだけ見ても自賠責保険だけでは不十分だということが分かると思いますが、任意保険に加入するとこれらの補償をすべて受けられるようになります。

加えて任意保険は事故を起こされた場合の補償もありますし、相手方の示談交渉もしてくれるのでとても便利です。

またオプションでいろいろな補償をプラスすることもできますから、補償を充実させたいという希望も実現させることができるでしょう。

このように強制保険と任意保険の2つに加入しておけば万が一の事態にも安心ですし、それが結果的に余裕のある運転にも繋がりますから自動車を購入したら必ず両方入っておくほうが。いいのはいうまでもありません。

しかし、何でも補償されるいわゆるお手盛りプランに入っては保険料が非常に高くなってしまいますので、一括見積サービスなどを利用して、しっかりと検討して自分に最適なプランを組み立てていただければと思います。

車両保険を付けないだけでも結構な保険料を削減できますので、自分自身でこの補償は必ず必要、こちらは必要ないと事前にしっかりと検討するといいでしょう。

まずは自動車保険見積もり一括サービスで実際にどれくらいの保険料になるのかを把握したうえで補償を決めていただければと思います。

その上で特約の取捨選択で保険料や補償内容を決めていきましょう。
自動車保険一括見積もり【無料】