自損事故による保障

車の中はプライベート空間になっているため、つい自分の部屋にいるような錯覚に陥ってしまうような経験をしたことがある人も少なくないと思います。

リラックスした状態で車の運転をすることができるのは肩に力が入らないという点ではメリットである一方、居眠り運転や注意不足などに繋がりやすくなります。

それが原因で事故を起こしてしまった場合に相手がいないと幸いですが、車が大破して自分自身が大けがをしてしまうと、怪我を治療するための医療費や車を修理するための費用が別途で必要となるので大きな出費になります。

また、入院が必要なほどの怪我をしてしまうと仕事が出来ない状態になり、さらに出費がいるような状態になります。

相手がいないので相手の保険から適用される自動車保険の保障もないので痛い思いをしてさらに経済的にも痛い思いをすることになります。

しかし、自損事故でも対応できる自動車保険に加入しておくことによって単独事故によって怪我や自動車が破損した場合でも対応することが可能になっていて、手厚い補償を受けることができるので自損事故に備えた保険の加入をおすすめします。

ただし、健康保険などに加入している場合についてはそこから怪我の治療費などが保障されることもあるので、保険の重複には気を付ける必要があり、怪我に対する補償が十分であれば車両保険に加入しておくだけでも十分なので加入している保険から柔軟に保険を選ぶようにしましょう。